中古アパートの選択基準をどうするか?
サイドビジネス〜資産1億円への道〜 簡単サイドビジネスで成功しよう!
サイドビジネス 年収アップ  資産運用  不動産投資 ミスター家計簿 資産1億円PJ
トップ(eサイドビジネス) > 資産運用 > 不動産投資 講座

中古アパートの選択基準をどうするか?

インターネットの活用

 たくさんの探した中古アパートの中からどれを選んだらいいのか迷うところです。私は不動産投資の本を読んだ中から、自分なりの選択基準を作りました。

実際に不動産投資を真剣に検討し始めると、本で紹介されている選択基準が実践できない場合もあるし、納得いかないものもあります。

やはり自分で考えて選択基準はつくるべきです。さにおの選択基準はネットでの中古アパート探しに対応しているのが特徴です。

中古アパート選びの手順は下記の通りです。

インターネットで辺りをつける

担当者に連絡し中古アパートの詳細資料を送ってもらう

現地調査


まず、インターネットでの中古アパート選択基準を紹介します。ネット上では概要しかわかりません。一般的に、所在地、価格、利回り、間取り、築年数、工法くらいでしょう。

利回り
基準:表面利回りで10%以上。家賃保証付の中古アパートであれば実質利回りがもっと高くなる可能性があります。また値段交渉により価格が下がる場合もあります。最終的に実質利回りで評価します。

築年数
基準:10年以内。理由:銀行からローンをするときに築年数が浅いほど長期間借りることができます。修理費用が抑えられます。

間取り
基準:1R以外。理由:ワンルームは少子化と供給過剰により将来的な需要見通しがよくない。

所在地
基準:神奈川、東京、埼玉、千葉。理由:1棟目はたくさんの中古アパートを見て経験をつみたい。

建物構造
基準:軽量鉄骨以上。理由:耐用年数が長く融資されやすい。長期的な収益を実現できる。

以上の基準に合う中古アパートはなかなか見つからないですね(涙)。


スポンサードリンク


進む(中古アパートの調査│目次(資産1億円PJ)│戻る(狙いの中古アパートをどう探すか?

eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2006-2014