中古アパートの探し方
サイドビジネス〜資産1億円への道〜 簡単サイドビジネスで成功しよう!
サイドビジネス 年収アップ  資産運用  不動産投資 ミスター家計簿 資産1億円PJ
トップ(eサイドビジネス) > 資産運用 > 不動産投資 講座

中古アパートの探し方

 中古アパートは現在の住居から2時間以内(首都圏)としました。次は、それをどうやって探すかです。


【地元の不動産屋】
 中古アパートは近いほどいいですから、まず地元の不動産屋に行きました。初心者なので不動産のイロハを感じることができましたが、希望の中古アパートに当たりませんでした。行った不動産屋は大手なので、インターネットでも中古アパートを公開していました。調査してから行けば良かったです。

個人経営の不動産屋ですと中古アパートの扱いが少ないと思われます。個人でも投資用物件を専門に扱っている不動産屋がお勧めです。

中規模程度の不動産屋で、ネットをあまり活用していない場合は直接訪問です。


【新聞の折込広告】
新築の戸建やマンションばかりで、中古アパートはまず見つかりません。不動産屋も売れ筋(新築)だけしか店頭に張り出しませんし、チラシでの宣伝もやらないといっていました。労力がかかりすぎるので折込広告で探すのは諦めました。


【日経新聞の広告欄】
月に2回ほど日曜に広告が掲載されます。限られた紙面なので中古アパートは限られますが、不動産会社を探すのに重宝します。ここで掲載された不動産屋のホームページから中古アパートをさらに探すのがポイントです。


【インターネット】
やはりネットが一番中古アパートを効率的に探せます。
定期的にインターネットで物件を探していると、ある特徴がわかりました。いろいろな不動産屋で探していると、同じような物件を多く見かけるのです。つまり

 不動産会社はたくさんある。
 中古アパートの物件はそう多くない。

という事実です。効率的に物件を探すには、扱い量が多い不動産屋に焦点を絞っていいように思います。サラリーマンは時間が限られますからね。また、

 物件情報を送ってくれるサービスがある。

ので、利用しない手はありません。よって、定期的に訪れる不動産屋を決め、物件情報は2社から送ってもらうようにしました。

(まだ先ですが、ローンを申し込んだ銀行にも、何かいい物件があったら紹介してくれるように頼むことを忘れずに!)

自分で物件を探さなくても、物件情報が集まってくるよう心がけるのが、ポイントです!
それには、まず資料請求をすることで、「私は物件に興味がありますよ」と不動産屋に知ってもらうことです。見込み客ですよと、手を上げることで中古アパート情報が集まってきます。

ある業者ではネットに掲載する前の中古アパート情報を流してくれるようになりました。これはおいしい川上情報です。

希望する中古アパートの概要を業者に連絡しておけば、楽に中古アパートを探すことができます。業者としても、ネットにアップするのは手間ですし、アップする前に中古アパートが売れれば楽ですからね。


スポンサードリンク


進む(中古アパートの選択基準│戻る(どんな中古アパートを買う?

eサイドビジネス〜資産1億円への道〜 http://www.eside.biz/ (C) さにお 2006-2014